取引の方法

FX(外国為替証拠金取引)の取引きの方法は2通りの方法があります。「店頭取引」と「取引所取引」です。

日本では1998年から個人投資家でもFXの取引が出来るようになりましたが、その時は「店頭取引」だけでした。

「店頭取引」とは投資家とFX業者が直接取引を行う方法です。「相対取引」や「非取引所取引」とも言います。店頭取引はFX業者にもよっても違いはありますが、取り扱っている通貨ペアの数が取引所取引に比べると多いようです。取引手数料が安い、または無料の業者もいます。

「取引所取引」は、FX業者が仲介して投資家と取引所が取引を行います。「取引所取引」は現在は、東京金融取引所が運営する「くりっく365」(2005年から運営開始)と、大阪証券取引所が運営する「大証FX」(2009年から運営開始)の2つがあります。

取引出来る通貨ペアの種類や取引通貨単位、スワップ、使用するシステムは、取引所のものを利用するので、各業者は原則として共通しています。手数料は仲介するFX業者によって違いがありますが、無料のところはないようです。取引所取引の一番のメリットは信用性、安全性が高いということだと思います。

取引所取引は税制的に優遇されていたのですが、店頭取引と統一されたので、税制面では差がなくなったようです。

業者にもよりますが、コスト面や情報量、取引ツールは取引所取引より店頭取引の方が充実しているところが多いようです。

経済